CATEGORY

オガサカ

  • 5月 8, 2022
  • 5月 20, 2022

オガサカ KEO’S KS-EV

試乗サイズ165cm、センター幅68.5mm 試乗板はネイビー色、他にブラックとレッドのラインナップがある。 黒いソールにワンポイント。 カタログではサンドウィッチ構造となっていますが、立体的なトップシート。 ツインキールやシェルトップでもない、別名 […]

  • 4月 16, 2022
  • 5月 21, 2022

オガサカ E-TURN ET-10.8 ZASSO版

試乗サイズ178cm、センター幅108mm ET-8.5の感触が良かったので、別の太さがようやく試せた♬ もっと試乗に出した方がいいと思う。 パリパリなドライ、しっとりモイスト、ひたひたウェットで言うと、ウェット。 ウェットでもメタルが入っていないし […]

  • 2月 20, 2022
  • 5月 28, 2022

オガサカ E-TURN ET-8.5

センター幅85mm、R15.6m。 ブラストラックのエリキサーとほぼ同じ太さの8.5。 他に90mm台、100mm台のモデルもあるはず。 試乗会にあまり出てこないし、展示会でも重なって陳列されていて触れる機会が少ないEターンシリーズ。 圧雪コースでの […]

  • 2月 20, 2022
  • 5月 28, 2022

オガサカ UNITY U-FS1

センター幅76mmほどのちょいと太くて安定志向のモデル。 芯材は軽くて軽快。 トップに薄くロッカーが入っていて振り回しやすい操作性なのに、飛ばしてもパタ付かない絶妙設計。 ユニティはロングセラーシリーズですが、今風な要素がてんこ盛りで、素材や加工技術 […]

  • 2月 20, 2022
  • 5月 28, 2022

オガサカ KEO’S KS-ES

上達したいスキーヤーのザ・ベンチマーク的なモデルのケオッズ。 一度は試乗して、自分にとってなにが足りないのか、過剰なのかを感じられる真ん中に位置するモデル。 軽快な操作性や乗り味を持っているが、もっと軽快にと感じたらユニティへ。 スタイルが襟を正し過 […]

  • 2月 20, 2022
  • 5月 28, 2022

オガサカ TC-SU

TCシリーズの小回りシェイプ。 内旋でトップを食い込ませて、板のトーションを使ってターンリズムを作る滑り方に適したモデルだと思います。 その滑り方に調整されているとも言えますね。 オガサカ スキーソックス リアルフィット OGASAKA REALFI […]

  • 2月 20, 2022
  • 5月 28, 2022

オガサカ TC-MU

テクニカルコンペティションTCシリーズの中大回りシェイプ。 KS-XXとの棲み分けが難しく悩みますね。選べる悦びと解釈した方がいいようですね。 海外ブランドだと、GSシェイプとSLシェイプの中間があまりありませんので。 乗り味や感触・反応は違います。 […]

  • 2月 19, 2022
  • 5月 28, 2022

オガサカ KEO’S KS-XX

サイズ172cm 黒から白に変わりましたね。 早い板ですね、走ります、前へ前へと。 気持ちいい乗り味です。 欲しいです。 OGASAKA オガサカ ALL IN ONE/N オールインワン 33141F スキーケース 飛行機

  • 2月 19, 2022
  • 5月 28, 2022

オガサカ TRIUN SL

165cmサイズ、プレートSR585 ブルーになったんですね…。 ソールは真面目な真っ黒でした。 今シーズンの黄色いトライアンよりもタイムが削れそうな感触。 タワミから返りが早い、ピュッと戻ってくるので、直線的なラインで攻められますね。 モデルの目的 […]

  • 5月 30, 2021
  • 5月 28, 2022

オガサカ 2021-2022モデル試乗

トライアンSL いいですね。好みの乗り味に変わって、欲しいモデルになりました。 2021モデルより中身が詰まって足場感がしっかり、操作性もいい。 滑り仲間も気に入って買っちゃいました。 トライアンS 操作性優先の競技入門モデル。 ヘッドの競技入門のS […]